sponsored link




ぬらりひょんの孫の名言と作品データ

ぬらりひょんの孫」(Nurarihyon no Mago)

「ぬらりひょんの孫」は、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の、

2008年15号より連載が開始された、

漫画家「椎橋 寛(しいばし ひろし)」による怪奇ファンタジー漫画作品。

「第32回金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)」受賞作。

2010年にアニメ化(アニメーション制作:スタジオディーン)。


現代の日本を舞台に「妖怪軍団」の総大将「ぬらりひょん」の血を受け継ぐ少年、

「奴良リクオ(ぬら-)」を主人公に、人間と妖怪の日常を描いた怪奇ファンタジー作品。

妖怪百鬼夜行の世界をヤクザ(主に侠客・博徒・任侠)の世界に見立てた勧善懲悪もの。

百鬼夜行が見せ場として登場。

妖怪のほとんどは、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』、

竹原春泉の『絵本百物語』といった妖怪画集から採用されており、

Jリーグファンである作者の趣味を反映してか、

登場する人間キャラクターの苗字の殆どが、

ガンバ大阪所属の選手から取られているのも特長。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ ぬらりひょんの孫の名言集


きさまには見えんよ。

見ようとせん限りな。


何物も自分にとって大きすぎる存在と出会ってしまったとき、

その存在を恐れるあまり、

気付くことをやめる。

見えていても認識出来ぬようになる。

(by ぬらりひょん




負けるとわかっていても、

やらなきゃならねぇ時がございます。

(by 良太猫




一人で闘うってのは誰にでもできる。

オレたちは・・・大事なもん守るために闘ってんだ。

そっちの方が粋だと思わねぇか?

(by 奴良 鯉伴

■ sponsored link



■ Yahoo!オークションランキング


■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link