「あひるの空」(あひるのそら)

あひるの空
作品一覧

「あひるの空」は、漫画雑誌『週刊少年マガジン』(講談社)2004年第2,3合併号から連載が開始された「日向武史」によるバスケットボール漫画作品。小柄な体格の男子高校生「車谷 空(くるまたに そら)」を主人公とした物語であり、母親に誓った『高校最初のバスケの大会で優勝』のためにバスケ部に入ろうとするところから物語は始まる。バスケに関するストーリーだけでなく、不良少年の更生や、ライバル・努力・挫折・後悔・恋愛などといった、登場人物らの私生活のストーリーも描かれている。また、作者の日向武史は漫画『SLAM DUNK』のファンであることも公言しており、作中にも登場人物の1人がバスケを始めるきっかけとなった漫画として同作品を登場させている(『SLAM DUNK』の作者「井上雄彦」の承諾済)。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



あひるの空の名言一覧


どーせやるなら

カベは高い方がいい。

(by 花園兄弟)




きみは可能性に満ちている。

それがうらやましい。

(by 茂吉 要)




最短距離で

てっぺんまで駆け上がりたいんだ。

(by 白石 静




TEAMに

「I」というスペルはないよ。

(by 七尾 奈緒




止まるか進むか

ただそれだけなんだ!!




やるなら今しかねぇ。



sponsored link


バックナンバー(アニメ・漫画・ライトノベル編)

次の名言:荒川アンダーザブリッジ(あらかわ-)
荒川の河川敷を舞台としたギャグ&ラブコメ漫画
前の名言:あそびにいくヨ!
「神野オキナ」によるライトノベル作品

sponsored link