「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」(アカギ やみにおりたったてんさい)

アカギ
作品一覧

「アカギ」は、麻雀漫画の専門雑誌『近代麻雀』(竹書房)にて1992年から隔号連載されている「福本 伸行(ふくもと のぶゆき)」による漫画作品。同著者による漫画作品「天 天和通りの快男児」のスピンオフ作品であり、同作の登場人物であった「伝説の雀士 赤木しげる」の若き日を描かれた物語。人間の内面の細かな心理描写が特長的な作品であり、物語が一向に先に進まないことも多い。特に鷲巣麻雀編では連載が十年以上経過しているのにも対し、半荘6回の勝負がいまだに対局中という状況になっており、著者の福本も「短くしたいと思っている」とインタビューで答えている。1995年と1997年にVシネマ化、2005年にアニメ化などのメディアミックスが行われている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アカギの名言一覧


一度バランスをくずせば…、

才気優れる者ほどもろい…。




なまじブレーキを踏むより、

ずっと助かる公算が高いんだ。




強打して自爆する素人などまれ、

大抵は「安心」という重りを

体に巻きつけ溺死する…!




地獄を一度くぐっちまうことさ。

ツキの女神はいつだって、

その先にしゃがみこんでいる。




不合理に身をゆだねてこそ、

ギャンブル…。



sponsored link


バックナンバー(アニメ編)

次の名言:あかね色に染まる坂
feng制作のゲーム作品を原作に制作された学園青春アニメ作品
前の名言:藍より青し(あいより あおし)
「ヤングアニマル」で連載されていた漫画作品

sponsored link