「赤池 学」

(あかいけ まなぶ / 1958 - )


著書一覧

「赤池学」は、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所の所長科学技術ジャーナリスト作家。再生可能な生物資源を活用した「千年持続学」を提唱し、地域資源や地域連携を活用した産業創出プロジェクトに取り組んでいる人物。主な著書(共著含む)に「自然に学ぶものづくり図鑑 かたち・しくみ・動き」「トヨタを知るということ」「昆虫力」「カタツムリが、おしえてくれる! 自然のすごさに学ぶ、究極のモノづくり」「ブラインドテストno.1 プラズマTV「KURO」はなぜ支持されたのか?」「ニッポンテクノロジ- NEDOプロジェクト開拓者たちの100の挑戦」「自然に学ぶものづくり 生物を観る、知る、創る未来に向けて」「新・製造業サバイバル論」「昆虫がヒトを救う」「サナギの時代 「時を経た知恵」を求めて」「ものづくりの方舟」「「温もり」の選択 このエネルギ-革命が地球を救う」「パパ、助けてくれ、助けてくれ」「“正しい”エネルギ-」「ほんとうのたべものを求めて」「あっ!!その手があったかモノづくり ランデヴ-プロジェクトの軌跡」「ロ-テクの最先端は実はハイテクよりずっとスゴイんです。」「航空機を作る 世界の知恵が集まったB777のテクノロジ-」「世界でいちばん住みたい家」「日本のマンションにひそむ史上最大のミステ-ク」「東京湾をつなぐ」「心に火をつける人、消す人」「自動車が進化する 未来のクルマに込められた安全・環境・エネルギ-技術」「代官山再開発物語 まちづくりの技と心」「メルセデス・ベンツに乗るということ」「日本のモノづくりはいつの時代も世界のお手本なんです。」「匠のたくらみが町工場も日本もアジアも救うんです。」など多数。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



赤池学の名言一覧


世の中は、話し合いによって、

いい関係になるより


いい関係だから、

話し合いがうまくいくことの方が多い。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:マシュー・プリオール
イングランドの詩人・外交官
前の名言:有森 裕子(ありもり ゆうこ)
プロランナーの草分けとして知られる女子マラソン選手

sponsored link