「アル・ローゼン」

(Albert Leonard Rosen / 1924 - )

「アル・ローゼン」は、アメリカ・サウスカロライナ州出身の元プロ野球選手経営者。1947年9月にメジャーリーグデビュー(クリーブランド・インディアンス)を果たし、1950年に155試合出場、打率.287、37本塁打、116打点をマーク。本塁打数でリーグ新人最多記録を樹立し、この記録は1987年のマーク・マグワイアによる49本塁打記録まで最多記録であった。1956年のシーズン終了後に現役を引退し、その後は経営者としてMLBに復帰する。ニューヨーク・ヤンキース、ヒューストン・アストロズ、サンフランシスコ・ジャイアンツの球団社長やゼネラルマネージャーを歴任している。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アル・ローゼンの名言一覧


愛することができる者だけが、

愛される。




愛を与え、愛を受け取ること。

どちらかが一方だけで、

真の幸せを感じることはありえない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:春秋左氏伝
歴史書『春秋』の代表的な注釈書の1つ
前の名言:荒木清
多くの著書を発表している作家・ライター・編集者・経営者

sponsored link