「アルフォンス・デーケン(Alfons Deeken)」(1932-)


著書一覧

「アルフォンス・デーケン」は、 ドイツ・オルデンブルク出身のイエズス会司祭哲学者。上智大学の名誉教授も務める人物。 「死生観・死の準備教育」の提唱者としても知られ、末期癌患者のための施設(ホスピス)や、よき人生を送るための支援活動・講演活動に取り組んでいる。 1989年に第3回グローバル社会福祉・医療賞を受賞、1998年に死への準備教育普及の功績によりドイツ政府からドイツ連邦共和国功労勲章を受章、 1999年に第15回東京都文化賞、第8回若月賞を受賞。主な著書に「生と死の教育」「キリスト教と私」「光のダイアローグ」「新しい死の文化をめざして」 「身近な死の経験に学ぶ」「第三の人生 あなたも老人になる」「中高年の危機と挑戦」「いのちの完成 美しく生き愛ある死を」「旅立ちの朝に 愛と死を語る往復書簡」 「未来の人間学」「死を考える」「伴侶に先立たれた時」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アルフォンス・デーケンの名言一覧


過去の執着を、

手放しなさい。




ユーモアとは、

相手に対する思いやりのこと。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:溝口耕児
メンタルセラピスト、コンサルタント
前の名言:八嶋智人
俳優、タレント、ナレーター、司会者

sponsored link