「安東 浩正」

(あんどう ひろまさ)

安東浩正
著書一覧

<安東浩正のプロフィール>
「安東浩正」は、広島県出身の冒険家登山家。JACC関東地区評議員ツーリングアドバイザー。自転車で様々な所を旅することから「冒険サイクリスト」(自称:ちゃりんこ野郎)とも呼ばれる人物であり、冬季極東シベリア自転車縦断や熱気球による太平洋横断など様々なチャレンジを行っている。主な著書に「チベットの白き道 冬期チベット高原単独自転車横断6500キロ」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



安東浩正の名言一覧


登山にしろ何にしろ、

99%はしんどい。


でも1%の何かが、

99%のしんどさの向こうにある。




リスクを超えることによって、

自分の限界を広げていくことができる。


リスクの限界にとどまっていたんじゃ、

自分の世界を広げられない。




自分の限界をちょっと超えてみないと、

自分がどこまでできるかってことはわからない。




世の中全てに不可能な領域はある。

それを一歩ずつ、

登山をするみたいに上がっていけばいい。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:梅森 浩一 (うめもり こういち)
国際人事プロフェッショナル・ビジネス書作家
前の名言:楳図 かずお(うめず かずお)
『漂流教室』『まことちゃん』の著者として知られる漫画家

sponsored link