「アンドレ・モーロワ」

(Andre Maurois / 1885 - 1967 )


著書一覧

「アンドレ・モーロワ」は、フランスの小説家&伝記作家評論家。アンドレ・モーロワとはペンネームであり、本名はエミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ。フランスの哲学者「アラン」に師事していたことでも知られている人物。1918年に発表した処女作「ブランブル大佐の沈黙」で高い評価を獲得した後、アランの哲学の通俗化を基本にしながら、広い教養と穏健な良識、柔軟な文体で、数多くの小説、歴史、評論、伝記作品を発表している。主な著書に「アリエル シエリイの生涯」「結婚・友情・幸福」「ポール・ヴァレリイの方法序説」「フランス敗れたり」「新しき大戦」「デブの国とノッポの国」「指導者の生涯」「ディケンズの芸術」「ベルナール・ケネー」「読心機」「夢に生きる人々」「アラベスク」「ブランブル大佐の沈黙」「ツルゲーネフ伝」「詩人と予言者」「アメリカ紀行」「伝記の諸様相」「英国史」「うつろひ クリマ 」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アンドレ・モーロワの名言一覧


生きる技術とは、

一つの攻撃目標を選び、

そこに全力を集中することである。




家庭とは、

人がありのままの自分を、

示すことができる場所である。




恋愛の誕生はあらゆる誕生と同じく、

「自然」の作品である。




小さな事にこだわるには、

人生はあまりにも短すぎる。




統率者の命令は、

明確で正確でなければならない。


命令はすべて誤解されやすく、

曖昧な命令は理解されない。




最も深い革命は精神的なものである。

精神的革命は人間を変革し、

こんどはその人間が世界を変革する。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:竹中直人
俳優&映画監督として高い評価を獲得している人物
前の名言:ケート・フォス
人物データがありません

sponsored link