「アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー」

(Antoine Augustin Cournot / 1801 - 1877 )


書籍一覧

「アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー」は、数理経済学の始祖と評される、フランスの哲学者数学者経済学者。主として数学者であったが、経済学に対して重要な貢献を行なった事で知られる人物であり、彼の独占と複占に関する理論は今なお有名。1838年に出版された『富の理論の数学的原理に関する研究』は、今日でも多くの経済学者が同書を近代経済分析の出発点であると信じているとのこと。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アントワーヌ・オーギュスタン・クールノーの名言一覧


大衆が求めるのは、

比類なきまでの凡庸さだ。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:池上彰
分かり易いニュース解説とていねいな語り口で人気のジャーナリスト、大学教授、作家
前の名言:福岡伸一
一般向けの科学書を数多く発表している分子生物学者・大学教授

sponsored link