「安西 水丸」

(あんざい みずまる / 1942年 - )

安西水丸
著書一覧

「安西水丸」は、東京都出身の絵本作家イラストレーター漫画家小説家作家。日本大学藝術学部の講師や東京イラストレーターズ・ソサエティの理事長なども務めていた人物。主な著書(共著・共作含む)に「ピッキーとポッキー」「ふりかえりおじさん」「安西水丸ビックリ漫画館」「バスにのりたかったおばけ」「ピッキーとポッキーのかいすいよく」「東京エレジー」「普通の人」「新日本漫遊記」「象工場のハッピーエンド」「村上朝日堂」「東京こちょこちょ物語」「食卓のプラネタリウム」「ぷーぷーぷーぷーぷーぷー」「ランゲルハンス島の午後」「日出る国の工場」「がたんごとんがたんごとん」「青インクの東京地図」「ポストカード」「黄色チューリップ」「青の時代」「春はやて」「青山の青空」「70パーセントの青空」「冬の電車」「シネマ・ストリート」「朱色の島バリ」「エンピツ絵描きの一人旅」「手のひらのトークン」「十五歳のボート」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



安西水丸の名言一覧


人生は短い。

好きなこと、やりたいことがあるなら、

やってみるべきです。




やりたいことはとにかくやる。

そのほうが、人生は楽しい。




何かしらの才能が、

人にはかならずある。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ウィンストン・チャーチル
国民的な人気を誇るイギリスの名首相
前の名言:パスツール
ワクチンの予防接種という概念を生み出したフランスの細菌学者

sponsored link