「市ノ宮 行」

(いちのみや こう)

荒川アンダーザブリッジ
作品一覧

<市ノ宮行/リクルートのプロフィール>
「市ノ宮行/リクルート」は、「中村光」による電波系ギャグ&ラブコメディ漫画作品「荒川アンダーザブリッジ」の登場人物・キャラクターの一人。 大財閥「市ノ宮グループ」の御曹司であり、大学生ながら自身も多数の会社を設立している若きエリート。とある出来事で命の恩人となったニノに借りを返す為、ニノの恋人となり、村長に「リクルート」(通称「リク」)と名付けられ河川敷に住む事になる。ニノを始めとする荒川河川敷を住処にする住民達の(常識というピントが外れた)、マイペースさに振り回される日々を送っている。幼い頃から英才教育を受けてきた為、多数の楽器を扱える、子供の頃に空手で黒帯を取った、花火師の資格を持つなど得意分野は多岐に亘る。荒川の住人達との生活の中でガチガチに凝り固まった常識を覆され、「常識」とは何であるかを改めて考えさせられるようになる。アニメ版の担当声優は「神谷浩史」(少年期は「斎藤千和」)。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



市ノ宮行/リクルートの名言一覧


好きという想いは強い。

人はその想いの強さにより、

時に思いもよらない力を発揮したりする。

(by 市ノ宮 行/リクルート)




まずおなじ銀河に生まれた事。

同じ種に生まれ、生きる時間が重なる事。


人と人が出会う事の奇跡的な確立。

笑うことも悲しむ事も恋も皆

1%の可能性の集まりだから、

僕は目が眩む。


世界はこんなにも、

色とりどりの奇跡にあふれている。

(by 市ノ宮 行/リクルート)



次のページ:マリア
前のページ:ステラ
荒川アンダーザブリッジの名言一覧に戻る

sponsored link


sponsored link