「荒川アンダーザブリッジ」(Arakawa Under the Bridge)

荒川アンダーザブリッジ
作品一覧

「荒川アンダーザブリッジ」は、漫画雑誌『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)において、2004年から連載が開始された「中村光」による電波系ギャグ&ラブコメディ漫画作品。2010年4月にアニメ化(アニメーション制作:シャフト)。世界のトップ企業社長の御曹司「市ノ宮行」を主人公とした物語であり、「市ノ宮行」は幼い頃から父に「他人に借りを作るな」と教えられ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。しかし、ひょんなことから溺れかけた際、荒川河川敷に住む自称金星人の「ニノ」に命を救われてしまう。「命の恩人」という余りに重すぎる借りの恩返しとしてニノが行に要求したのは「私に恋をさせてくれないか?」という事だった。こうして行はニノの恋人となり、自身も橋の下での生活を開始する。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



荒川アンダーザブリッジの名言一覧


そんな漠然とした目標では、

何も出来はしない。

(by 市ノ宮 積




人は受け入れがたい事実というのは、

簡単に否定するんだ。

(by 村長




1ミリの望みもなくたって、

この気持ちは失わんのじゃ!

(by ステラ




好きという想いは強い。

人はその想いの強さにより、

時に思いもよらない力を発揮したりする。

(by 市ノ宮 行/リクルート




弱くなんかないわ。

好きな人の前で、

自分の気持ちをありのままに出せるなんて、

凄いことなのよ。

(by マリア




大丈夫。

なんとかなるもんだぜ。

(by




日本男子なら、

男みしたらんかい!

(by ステラ




まずおなじ銀河に生まれた事。

同じ種に生まれ、生きる時間が重なる事。


人と人が出会う事の奇跡的な確立。

笑うことも悲しむ事も恋も

皆1%の可能性の集まりだから、

僕は目が眩む。


世界はこんなにも、

色とりどりの奇跡にあふれている。

(by 市ノ宮 行/リクルート



sponsored link


バックナンバー(アニメ・漫画・ライトノベル編)

次の名言:アリソンとリリア
「時雨沢恵一」によるライトノベル作品を原作としたアニメ作品
前の名言:あひるの空
「週刊少年マガジン」で人気を博したバスケ漫画

sponsored link