「アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー」

(Arnold Alois Schwarzenegger / 1947 - )


書籍一覧

「アーノルド・シュワルツェネッガー」は、オーストリア・シュタイアーマルク州出身(アメリカとオーストリアの両国籍)の映画俳優ボディビルダー政治家実業家。日本では主に「シュワちゃん」の愛称で親しまれている人物(オーストリアでの愛称は「アルニー」)。10代の頃からボディビルダー競技を始め、1968年に本格的にボディービルを行うために渡米。ボディビルディングの世界最高峰として知られる「ミスター・オリンピア」(Mr. Olympia)の1970年度〜1975年度大会で6年連続優勝を果たすなど、世界トップクラスのボディビルダーとして活躍。ボディビルダーとして広く知られるようになった頃から俳優業にも進出しており、1970年に映画『SF超人ヘラクレス』で俳優デビュー。1984年の映画『ターミネーター』の悪役アンドロイド「ターミネーター」役で俳優としても高い評価を獲得し、アクション映画俳優としての確固たる地位を築き上げる。2003年にはカリフォルニア州知事選へ出馬し、同年10月に選出。2011年1月に2期7年の任期を終え同知事を退任。主な出演映画作品に「ターミネーターシリーズ」「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」「カーズ」「80デイズ」「コラテラル・ダメージ」「シックス・デイ」「エンド・オブ・デイズ」「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」「ジングル・オール・ザ・ウェイ」「イレイザー」「トゥルーライズ」「ラスト・アクション・ヒーロー」「トータル・リコール」「ツインズ」「プレデター」「ゴリラ」「コマンドー」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



アーノルド・シュワルツェネッガーの名言一覧


なりたい自分についての

ビジョンを創造するのさ。


そして、それがまるで

すでに現実であるかのように振る舞うんだ。




限界を決めるのは心だ。

心が何かをやれると思い描き、

自分がそれを100%信じることができれば、

それは必ず実現する。




トレーニングに対する

その人の「姿勢」によって、

成功するか失敗するかが決まる。




トレーニングへの「熱い情熱」を

決して失わないことが成功への最大の条件だ。




何はともあれ、

情熱こそが原動力である。

これを失ってはいけない。




自分をごまかしてはいけない。

同時に、欠点を見つけても、

自信を喪失させたり、

自尊心を傷つけるまで

自分を責めてはいけない。




私はいつも同時に

色々なことをやっていますが、

どれも途中でやめることはしません。




拷問に近いような

ハード・トレーニングでも、

ただひたすら自分のやるべきことに

打ち込むことだ。




強さは、勝つことから

生まれるのではない。


強さを鍛えてくれるのは、

苦労なんだ。


困難にめげず、

あきらめないと決心する、

それが強さなんだ。




ベッドに横になったら、

翌日のことなど考えてはいけない。


…ベッドに入ったら眠るんだ。

絶対に何も考えない。

頭の中を空っぽにする。


そうすればいい眠りに入れ、

翌朝完全にリフレッシュされた状態で目覚める。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:アーノルド・パーマー
競技スポーツとしてのゴルフを多くの人々に広めたプロゴルファー
前の名言:松井秀喜
ゴジラの愛称で親しまれるプロ野球選手

sponsored link