「朝吹 登水子」

(あさぶき とみこ / 1917年 - 2005年 )

朝吹登水子
著書一覧

「朝吹登水子」は、東京都出身(出生時は東京府)のフランス文学者翻訳家エッセイスト。父は実業家の「朝吹常吉」、娘は翻訳家の「朝吹由紀子」。女子学習院を中退し1936年にフランスに留学(ブッフェモン女学校、パリ大学ソルボンヌ)。1955年に翻訳した「悲しみよこんにちは」(著:フランソワーズ・サガン)ベストセラーを記録し、広く知られるようになり、その後もサガンやボーヴォワールの翻訳などの作品を発表し、サルトルとの交遊などでも知られている。また、自身もエッセイを数多く発表しており、2000年にレジオンドヌール勲章シュヴァリエを叙勲されている(フランス政府)。主な著書に「豊かに生きる」「私の東京物語 蘇る日々-わが家のアルバムから」「私の巴里・アンティーク」「私の巴里物語 一九五○〜一九八九年」「パリの男たち」「私の軽井沢物語 霧の中の時を求めて」「愛のデッサン あざやかなめぐり逢い」「私の巴里・パリジェンヌ」「サルトル、ボーヴォワールとの28日間」「わが友サルトル、ボーヴォワール」「もうひとつの愛」「描かれたパリ」「おしゃべりフランス語」などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



朝吹登水子の名言一覧


せっかくこの世に

生まれてきたのだから


感動なしに生きていては

もったいない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:植村花菜
「トイレの神様」の作曲者で有名な女性アーティスト
前の名言:アンジェラ・アキ
ピアノ弾き語りで知られる女性シンガーソングライター

sponsored link