「浅田 美代子」

(あさだ みよこ / 1956年 - )

釣りバカ日誌
作品一覧

「浅田美代子」は、東京都出身の女優タレント、元アイドル歌手。映画やドラマなどで女優として活躍する一方、天然キャラとして「さんまのSUPERからくりTV」などの、バラエティー番組でも活躍を見せている人物。高校2年生(1972年)の時に街頭でスカウトされ、ドラマ「時間ですよ」の新人オーディションへ参加。第3シリーズに入っていた「時間ですよ」(1973年)のお手伝い役で女優デビュー。同ドラマの劇中歌として使用された「赤い風船」でアイドル歌手デビューも果たし、同シングルは、オリコンチャート1位、累計売上80万枚の大ヒットを記録。同作品で第15回日本レコード大賞の新人賞も受賞している。1977年にフォークシンガーの吉田拓郎と結婚し、芸能界を引退。主婦業に専念していたものの、1983年に離婚(協議離婚)し芸能活動を再開。その後、数多くの映画やドラマ、TV番組などで活躍している。主な出演映画作品に「釣りバカ日誌シリーズ(1994年〜)」「ばかもの(2010年)」「きな子 見習い警察犬の物語(2010年)」「僕らのワンダフルデイズ(2009年)」「受験のシンデレラ(2008年)」「歓喜の歌(2008年)」「Mayu -ココロの星-(2007年)」「赤い文化住宅の初子(2007年)」「佐賀のがばいばあちゃん(2006年)」「オトシモノ(2006年)」「LOVE MY LIFE (2006年)」「赤い鯨と白い蛇(2006年)」「愛の流刑地(2006年)」「銀のエンゼル(2004年)」「走れ!イチロー(2001年)」などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



浅田美代子の名言一覧


ニュースを見ていると、

いじめや自殺、親子の殺人とか、

信じられないほど簡単に人が亡くなっている。


ドラマも簡単に人を殺すものが多いけど、

私はそういうものにはなるべく出たくないんです。


せっかくTVに出ているんだから、

私にはもっと違うことができるのでは、と。


例えば悩んでいる時にテレビを見たら、

ふっと笑っちゃったり、和めるような。

今の世の中だからこそ、

お茶の間でそんな存在でありたいと思う。


なんていって殺人鬼の役に

「新たなチャレンジです」

とかいって出演していたらごめんなさい(笑)。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:Dragon Ash
ミクスチャーロックバンド
前の名言:落合博満
元プロ野球選手&プロ野球監督

sponsored link