sponsored link


バカとテストと召喚獣の名言

バカとテストと召喚獣」(Baka to Test to Shokanju)

「バカとテストと召喚獣」は、2007年1月29日にファミ通文庫から刊行された、

「井上堅二」によるライトノベル作品。イラストは「葉賀ユイ」が担当。

「学力試験の点数バトル」という異例のテーマを扱った学園コメディで、

劇中や幕間のミニコーナーなどで披露されるテストの珍回答も高い評価を得ている作品。

第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。

「このライトノベルがすごい!」作品部門ランキングでは、2009年度3位、2010年度1位を獲得。

2010年にアニメ化。アニメーション制作は「SILVER LINK.」が担当。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


世の中には学力だけいい人間なんてのは、ごまんといる。

でもね、しょせん個人の能力なんて、

どんなに高くったって知れてるんだよ。


自分一人だけ強ければいいって人間は、

その程度の生き方しかできやしない。

自分ひとりのためだけに努力して得られるものは、

たいして大きいもんじゃない。

今はそれだけ分かれば十分さね。

(by 藤堂 カヲル


我々は最下位だ。学園の底辺だ。

誰からも見向きもされない。これ以上、下のないクズの集まりだ。

つまり、それはもう失うものはないということだ。

なら、ダメもとでやってみようじゃないか。

(by 坂本 雄二


俺は、

おまえの夢を、

笑わない。

(by 坂本 雄二


努力は結果のための過程に過ぎません。

いくら努力が尊い行動であっても、

過程自体を誇るようになっては、

本末転倒なのです。

(by 吉井 玲


力を小出しにしたら勝てねぇ。

防御は捨てて攻撃に徹し、

一気に攻めて、負ける前に勝つ。

攻撃こそが最大の防御だ。

(by 坂本 雄二


何事も小さな積み重ねが大事だ。

いきなり勝てる必勝法じゃなく、

有利になる条件を積み重ねて戦力にする。

これが本当の作戦だ。

(by 坂本 雄二


努力を自分自身で誇るのは、愚か者です。

しかし、他人が努力を称えるのは、

悪いことではありません。

(by 吉井 玲


今は負けたことをくよくよしても構いません。

負けを負けとして認めることは大切なことです。

負けた悔しさを知らない人間は、

転んだ時の立ちあがり方もわかりませんし、

より前に進むことも出来ません。


だから、今は存分にくよくよしなさい。

でも、くよくよし終わったら、

次はまた、しっかり前を向いて歩きなさい。

(by 吉井 玲



■ バカとテストと召喚獣のリンク集