sponsored link


阿良々木 暦の名言(化物語)

阿良々木 暦(あららぎ こよみ)」

民間伝承や昔話に関する話題が多数登場する、

伝奇小説ライトノベル)&アニメ作品「化物語(バケモノガタリ)」の主人公

地方都市にある私立直江津高校3年の男子生徒。


瀕死の吸血鬼を救うべく命を差し出し、

図らずも己自身が吸血鬼になるも、紆余曲折の果てに「吸血鬼もどきな人間」となる。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



この世には、いい人間がいる。

たったそれだけのことで、救われた気分になる。


(by 阿良々木 暦)




命という漢字の中には、叩くという漢字が含まれているんだぜ。

命は叩いてこそ光り輝くってことさ。


(by 阿良々木 暦)




神原:「洪水にならない雨はない」

阿良々木:「あるよ!洪水にならない雨だってあるよ!」

神原:「ふふふ。ほら、阿良々木先輩、前向きになった」

阿良々木:「はっ!嵌められたかっ!」


(by 神原 駿河&阿良々木 暦)




正論は人を傷つける。

いつだって。


(by 阿良々木 暦)




過去の自分に今の自分を誇れないこと。

そんなことだってある。

誰だってそうかもしれない。


(by 阿良々木 暦)




我慢しなきゃいけないのが、

そもそもおかしいんだよ。

痛いときは「痛い」でいいんだ。


(by 阿良々木 暦)




ドラえもんのひみつ道具ばかりに頼っていると、

のび太くんみたいになっちまう。


(by 阿良々木 暦)




■ 化物語(バケモノガタリ)の名言