「クリス岡崎」

( - おかざき)

クリス岡崎
著書一覧

<クリス岡崎のプロフィール>
「クリス岡崎」は、ウェルスマスター・イングリッシュクラブ校長などを務める実業家自己啓発作家講演家通訳。世界的に著名な成功コーチ・講演家「アンソニー・ロビンズ」の日本人一番弟子であり、アンソニー哲学を元に自身の実践的成功哲学を確立。『日本ライフセラピスト財団』の理事の他、アンソニー・ロビンズの同時通訳なども務めている人物。主な著書に「110%の自分を引き出す魔法の鍵」「億万長者専門学校シリーズ」「30分で英語が話せる 99%の人が英語が話せる方法」「最高の人生を引き寄せる法 可能性の扉を開く7つの鍵」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



クリス岡崎の名言一覧


成功に、

偶然はない。




学校を退学になっても、

人生は全然OKだ!


世の富豪のトップ10を見ると、

半分が高校も出てないよ。




夢を追いかけていいんだよ!

と自信を持って言ってくれる

大人を増やしたい。




大人は幸せに生きる

責任があると思う。




大人が元気で人生を楽しんでいないと、

子供達が未来に希望を持てなくなる。




多くの人は何かを成し遂げたくて、

下りエスカレーターを駆け上がるような

チャレンジをする。


でも残念なことに、ほとんどの人は、

昇り切る前にちょっと一休みしてしまうんだ。


でもそれがどういう意味かまったく

理解していないに違いないよね!


下りエスカレーターを上り切る前に

休憩しちゃうとどうなると思う?




多くの人は、成功までの

地図全体が見えていないから、

途中で挫折してしまうようだ。


そして「できない!」と言い訳で、

自分の可能性までしなびさせてしまうんだ。




自分の可能性と限界を決めているのは、

両方ともあなたの創造力なんだ!




自分の心の声に耳を傾けよう。

他人の創造力があなたの人生の限界を作る

なんてことを許しちゃいけない。




基本的に問題は、

あなたが成長するために

あるようなもの。




やってみてだめなら、

やり方を変えて

挑戦し直せばいい。




失敗を避ければ、

成功も遠ざかる。




自分の問題を解決すると、

成長する。


他人の問題を解決すると、

富が転がり込んでくる。




世の中の多くのものは、

できないと思った瞬間に、

本当にできなくなってしまうものなんだ。




可能性は、

可能性を信じる人にのみ、

その姿を現わす。




自分の人生のすべては、

自分の責任による選択の結果。




あなたを落胆させる権利を持っているのは、

あなた一人だけだ。




勇気とは、

怖くてガタガタ震えていようが、

一歩ずつ前に進むことだ。




成功者と呼ばれる人の多くは、

安易な約束をしない。




「頑張ります」は言ってはならない。

口に出すのなら、

「何がなんでもやり遂げます」

「絶対にやります」だ。




ウォルト・ディズニーが最初に立っていた位置と、

あなたが今、置かれている立場に、

それほどの違いはない。




何がなんでも夢を実現するという理由があれば、

今のあなたの立場や境遇からでも、

大きな夢の実現は可能なんだ。




くすぶっていた子どもの頃の夢に、

また息を吹きかけてあげると、

燃えさしの中で密かに眠っていた火種が、

また目を覚ますかもしれない。




見えない翼は、

いつかあなたが空を飛ぶと決めるまでは

見えてこない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ロバート・キヨサキ
「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者として知られる投資家・実業家・作家
前の名言:野口 誠一(のぐち せいいち)
再起・会社整理・人生相談などの無料奉仕活動を行っている「八起会」の設立者・実業家・作家・講演家

sponsored link