sponsored link




中鉢聡の名言とプロフィール

中鉢 聡(ちゅうばち さとし)」(1966〜)

「中鉢聡」は、秋田県出身のテノール歌手

妻はソプラノ歌手の「服部礼子」。


東京芸術大学卒業後、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部に入学。

同学部在学中の1990年に郷土オペラ「ねぶり流し物語」でテノール歌手デビュー。

1995年に「椿姫」(ガストン役)で藤原歌劇団団員デビュー。

その後、イタリアへ留学し様々なコンサートに出演。

帰国後は、藤原歌劇団団員として数多くの舞台に出演している。

(参考文献:どらく)


■ 中鉢聡の名言集


悲しいかな、悔しいかな、

まだ自分の歌で鳥肌が立ったことがないんです。


たぶん、僕はそれを経験したいがゆえに、

歌い続けているのかもしれない。


先輩に話したら「そんなことは一生ないよ」

と言われてしまいましたが(笑)。




自分の身体という楽器から発せられた「生の声」は、

どんなに小さくてもその場の空気に振動して、

風のような感覚で観客に伝わっていく。


だからこそ、いろんな音が出せるよう、

自分を磨き続ける必要があります。


どんなに頑張っても、盛大な拍手をもらっても、

まだまだっていつも思う。


でも、終わりがないからこそ、

面白くてやめられないんでしょうね。

自分の歌に鳥肌立ちたいもの。


sponsored link


■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 設楽洋(ファッション・ブランド「BEAMS」の社長として知られる実業家)
  • 前の名言 → 見城徹(名編集者として知られる幻冬舎の創業者)

■ sponsored link