sponsored link




檀れいの名言と人物データ

檀 れい(だん れい)」(1971〜)

「檀れい」は、兵庫県出身の女優

宝塚歌劇の月組・星組トップ娘役として活躍した人物。

「だんちゃん」「だんきち」「まゆみ」などの愛称で親しまれており、

本名は「山崎 まゆみ(やまさき まゆみ)」。


高校生時代にはファッション雑誌の読者モデルとして活躍し、

1990年に「宝塚音楽学校」に入学。

卒業時の成績は40人中40位という最下位の成績だったとのこと。

初舞台は雪組の「この恋は雲の涯まで」。

その後、1998年頃まで注目されることは無かったものの、

1998年の「浅茅が宿」新人公演の最終公演でヒロインに抜擢され大きな注目を集める。

この時の演技をきっかけに翌年からは「真琴つばさ」の相手役として、

月組トップ娘役に就任。

2003年には「湖月わたる」の相手役として、星組トップ娘役に就任し、

「花舞う長安」の楊貴妃役や「王家に捧ぐ歌」のアムネリス役で大きな評価を獲得。

2005年の「長崎しぐれ坂」を最後に宝塚歌劇を退団。


2006年12月に映画「武士の一分」で女優デビューを果たし、

同映画で「日本アカデミー賞 優秀主演女優賞・新人俳優賞」など数多くの映画賞を受賞。

2010年3月にはNHK「八日目の蝉」でドラマ初主演を務めている。


CMや雑誌のモデル・タレントとしても活躍しており、

主な出演CMに「資生堂 ベネフィーク(2009年)」「日産自動車 ティアナJ32型(2008年)」

「全日空 LIVE/中国/ANA(2007年)」「サントリー 金麦(2007年)」

「総合生活企業キノシタグループ熱帯雨林再生活動(2007年)」

「ライオン 美容飲料キュプルン(2006年)」など、

主な出演雑誌に「marisol」「美しいキモノ」「ROSALBA」「情報誌 VISA」

「ANA SKY SHOP」「日経おとなのOFF」「Grazia」「週刊文春」

「月刊TVnavi」「VoCE」「GRACE」「BIG Tomorrow」「¥en SPA」

「週刊SPA!」「美人計画」「金澤」「カラダAERA」「婦人画報」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

檀れい

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 檀れいの名言集


品格というのは立ち居振る舞いや言葉遣いだけではなく、

その人の生き方だと思うんです。


それは「演じる」上でも同じで、

演じる人の信念や生き方みたいなものを、

大事にしないといけないと考えています。


私は品格のない人間になることだけは避けたいというか、

そうなることが一番怖いと思っています。


「品」とは形や装いだけで作れるものではなく、

日々の自分の生活や考え方すべてに影響される大事なこと。


もしも私に「品格」があると言っていただけるのであれば、

今までやってきたことが間違っていなかったとうれしいし、

作法などを含めて厳しくしつけていただいた宝塚や、

やはり厳しく育ててくれた両親に感謝したいですね。




私にとって舞台は毎日のことだけど、

お客様にとってはその日一日だけの舞台になる。

だから精いっぱい演じたい。




私にとって役柄の評価とは、

みなさんが作品をご覧になって、

「とてもよかった」と思ってくれた後の、

ごほうびのようなもの。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link