sponsored link




クルム伊達公子の名言と人物データ

クルム伊達公子(Kimiko Date Krumm)」(1970〜)

「クルム伊達公子」は、京都府京都市出身の女子プロテニス選手

夫はドイツのレーシングドライバー「ミハエル・クルム(Michael Krumm)」。

アジア出身の女子テニス選手として、史上初となる、

WTAシングルスランキング※トップ10入りを果たした人物であり、

WTAランキング最高位はシングルス4位、ダブルス33位。

※WTA (Women's Tennis Association / 女子テニス協会)


相手の打ったボールが自分のコートでバウンドした直後に打ち返す、

「ライジング・ショット」の名手として、世界的に知られている選手であり、

アジア女子初の世界トップクラスのテニス選手の出現に、

当時は“ライジング・サン”(日の出)と称されていた。

1996年9月24日に現役引退を発表し、最終試合はWTA年間ツアーの最終戦となる、

「チェイス選手権」(2回戦)であり、対戦相手は「マルチナ・ヒンギス」であった。

2008年4月6日に現役復帰を表明し、37歳にしてプロ復帰した理由について、

「世界と戦うためではなく、若い選手へ刺激を与えるため」と語っている。


主な著書に「CHALLENGE!!」「伊達公子のピラティスレッスン」

「パートナーピラティス」「ストレスのないココロとカラダになる! 幸せのワークアウト」

「いつも笑顔で Always Smile」「キッズテニス「好き」を見つける「楽しい」を育む」

「ラストゲーム」「晴れのちテニス」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ クルム伊達公子の名言集


テニスは、自分が自分で居られる場所。

自分を表現できる場所。




現役のころは、

とにかく勝つために何が必要かだけを考えていて、

自分を追い込んでいた。

同時に、要らないもの、嫌なものは、

すべて排除していました。




勝ち負けにこだわるというよりも、

勝ち負けにこだわって、

真剣に闘っている瞬間が好きなんだと思います。




力を抜かず挑戦し、

限界を越えたところで、

また自身の力が伸びる。




ここまでこられたこと自体、

奇跡に近い。




日頃の努力があって精神面が生きる。

技術は精神以前にやっておかなきゃいけないこと。




若い選手の踏み台になるつもりでコートに立つ以上、

私が強くならないと意味がない。




私は過去を振り返らない、

今のことだけ考えている。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link