「ルーシー/にゅう」

エルフェンリート
作品一覧

<ルーシー/にゅうのプロフィール>
「ルーシー/にゅう」は、「岡本倫」によるバイオレンス&ラブコメ漫画作品「エルフェンリート」の登場人物・キャラクターの一人。現人類を絶滅に追い込むことのできる新人類「ディクロニウス」のオリジナルかつ唯一生殖機能を持った個体。物語の序盤で研究所を脱走した際に頭部に受けた衝撃が元で、人格が分裂、にゅうの人格が生まれる。 頭部に衝撃を受けるとルーシーに戻る。ただし何があってもコウタと動物は傷つけず、蔵間に関しては敢えて殺さない。ベクターの射程は全ディクロニウス中最低の2m。ただし力については最も強い。アニメ版の担当声優は「小林沙苗」。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



ルーシー/にゅうの名言一覧


こんな世界なくなってしまえばいい。

壊れてしまえばいいと今でも思ってる。


なのに…どんなに嫌われても、

どんなにいじめられても、

どんなに虐げられても、


それでもやっぱり、

一人じゃさびしいんだ。


(by ルーシー/にゅう)




人殺ししか出来ないと思っていた私の命に…、

こんなに素敵な使い道があったんだ…。


(by ルーシー/にゅう)



次のページ:マユ
前のページ:コウタ
エルフェンリートの名言一覧に戻る

sponsored link


sponsored link