「遠藤 幸雄」

(えんどう ゆきお / 1937年1月18日 - 2009年3月25日 )

遠藤幸雄
書籍一覧

<遠藤幸雄のプロフィール>
「遠藤幸雄」は、秋田県秋田市出身の体操競技選手。オリンピックで日本選手としては初めて個人総合優勝を果たした人物であり、ローマオリンピック(団体総合)、東京オリンピック(平行棒/個人総合/団体総合)、メキシコオリンピック(団体総合)で金メダルを獲得(東京オリンピック・ゆか、メキシコシティオリンピック・跳馬で銀メダルも獲得)。1998年に国際体操殿堂入り。現役引退後はミュンヘンオリンピックでチームリーダーを務めるなど指導者として活躍し、日本体操協会の専務理事・副会長・協会顧問、日本オリンピック委員会理事、日本大学文理学部教授などを歴任。1996年に紫綬褒章、2008年に旭日中綬章を受章。2009年3月25日に食道がんのため逝去(72歳没)。養護施設への寄付を最期まで続けていたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



遠藤幸雄の名言一覧


私はその感動で

泣いたのです。


私の涙は

金メダルの涙ではない。


自分に勝てた感動で

涙をこぼしたのです。




できない技術ができるようになる。

これがひとつの喜びですね。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:リチャード・ドライハウス
アメリカの投資家・ファンドマネージャー
前の名言:辻 久子(つじ ひさこ)
第一線で活躍するヴァイオリニスト

sponsored link