sponsored link


ソヨンの名言(獣の奏者エリン)

ソヨン

「ソヨン」は、「上橋菜穂子」によるファンタジー小説

「獣の奏者エリン」(獣の奏者)の登場人物。

アニメ版の声優は「平田絵里子」が担当している。


エリンの母親で、獣ノ医術師。

16歳の時に一族の掟を破り、

闘蛇衆の頭領の息子であったアッソンと結婚したことで霧の民から追放された。

医術師として非常に優れた腕を持っており、

その腕を買われて「牙」の世話を一任されていた。

霧の民である事から村人たちとは幾ばくかの距離を置いていたものの、

普通の村人達からは医術師としての腕のみならず、その人柄も評判が良かった模様。

彼女が世話をしていた「牙」が全て死んだことを罪に問われ、

監察官らの責任逃れからスケープゴートとして処刑される事になる。

その際自分を助けに来たエリンを助けるために大罪とされる「操者ノ技」を使った。

アニメではエリンに形見の腕輪を託している。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



前を向いて!

振り返ってはだめ!

(by ソヨン)




■ 獣の奏者エリンの名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。