「エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン」

(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann / 1776年1月24日 − 1822年6月25日 )

E.T.A.ホフマン
作品一覧

<E.T.A.ホフマンのプロフィール>
「E.T.A.ホフマン(エルンスト・ホフマン)」は、ドイツの小説家作家作曲家音楽評論家画家法律家。本名は「エルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン(Ernst Theodor Wilhelm Hoffman)」。多彩な分野で才能を発揮した人物ではあるものの、現在では主に後期ロマン派を代表する幻想文学の奇才として知られています。主な作品に「カロ風幻想曲(1814年)」「悪魔の霊液(1815年)」「夜曲集(1817年) 」「劇場監督の奇妙な苦しみ(1819年)」「ちびのツァヒェスまたの俗称をツィノーバー(1819年)」「ゼラピオン同人集(1819年) 」「ブランビラ王女(1820年)」「牡猫ムルの人生観(1820年)」「誤謬(1820年)」「秘密(1821年)」「ドッペルゲンガー(1821年)」「蚤の親方(1822年)」「隅の窓(1822年)」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



E.T.A.ホフマンの名言一覧


才能を疑い出すのが、

まさしく才能のあかしなんだよ。




どうやって作曲するかと言えば、

ピアノに向かい、目を閉じて、

聞こえたものをただ弾くだけです。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:エレノア・ルーズベルト
「人権擁護の象徴」として支持を集めたアメリカの政治家、婦人運動家、文筆家
前の名言:エルモア・レナード
アメリカの小説家&脚本家

sponsored link