「交響詩篇エウレカセブン」

(こうきょうしへんエウレカセブン / Psalms of Planets Eureka seveN)

交響詩篇交響詩篇エウレカセブン
作品一覧

「交響詩篇エウレカセブン」は、2005年4月から2006年4月にかけて日曜日の午前7時00分から7時30分の時間帯で放送されたSFロボットアニメ作品(全50話)。監督は「京田知己」、原作は「BONES」、シリーズ構成は「佐藤大」、キャラクターデザインは「吉田健一」、メカニックデザインは「河森正治」、音楽は「佐藤直紀」が担当。物語の世界を統括する塔州連邦軍と対立する反政府組織「ゲッコーステイト」を中心に描かれた作品であり、主人公の少年「レントン」がゲッコーステイトのメンバーであるヒロインの少女「エウレカ」と出会って恋に落ち、ゲッコーステイトのメンバーとして徐々に成長していく、いわゆる"ボーイ・ミーツ・ガール"の物語。「第20回デジタルコンテンツグランプリ 優秀賞」、「第10回アニメーション神戸賞 個人賞」、「第5回東京国際アニメフェア テレビ部門優秀作品賞+脚本賞+キャラクターデザイン賞」、「Anime Expo 2006 SPJA Award 最優秀テレビ長編賞+最優秀女性キャラクター賞」などを受賞し、高い評価を獲得している。。また、海外でも人気のある作品の1つとして知られている。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



交響詩篇エウレカセブンの名言一覧


世の中にはね。

受け入れるべき運命と、

あらがうべき試練があるの。


(by ティプトリー




精神だって風邪をひけば、

疲れて動けない時もあるの。


(by ミーシャ




わかってねぇな。

芸術ってのは、

命張ってのもんだろうが。


(by ストナー




楽しくなさそうな人の側に、

誰も来ないって。

スマイル、スマイル。


(by ギジェット




自由とは

獲得しなければならないものであって、

無償で与えられるものではない。


自由であることは、その責務を負い、

覚悟することだ。わかるな?


(by チャールズ・ビームス




人はね、

太陽から降り注ぐエネルギー以上のものを、

消費してはいけないんだ。


それ以上のものを消費しようとすれば、

掘ってエネルギーを取り出したり、

塔を建てたりしなければならない。


そんなことをしなくても、

人は与えられた僅かな土地で生きていけるんだよ。


(by ウィリアム・B・バクスター/ウィル




ギリギリまで追いつめてやんねぇと、

命も輝きゃしねぇからな。


(by チャールズ・ビームス)




私達には出来ることと、

出来ないことがある。

嫌だけど選択しなきゃ。


(by タルホ・ユーキ




今、俺達に出来ること、

やるべきことを考えよう。


(by ハップ




生きていたい…

ありがとうを言うために…。


生きていたい…

たくさんの気持ちを贈るために…。


生きていたい…!


気付かなきゃよかった、

こんな気持ち…!


(by アネモネ



エウレカセブンの名言 第2集
エウレカセブンの名言 第3集
エウレカセブンの名言 第4集
エウレカセブンの名言 第5集

sponsored link


バックナンバー(アニメ・漫画・ライトノベル編)

次の名言:ef
第三者的視点で物語が進む群像劇アニメ作品
前の名言:エヴァンゲリオン
熱狂的なファンを数多く抱えるテレビアニメ

sponsored link