sponsored link




FUNKY MONKEY BABYSの名言と人物データ

FUNKY MONKEY BABYS

「FUNKY MONKEY BABYS」は、2004年に結成された男性3人組のヒップホップユニット

メンバーは、ファンキー加藤、モン吉、DJケミカルの3人であり、

2MC 1DJ構成となっている。

ただし、DJである"DJケミカル"は実質的にDJプレイを行っておらず、

主に踊っているだけということでも有名。


ヒップホップユニットではあるものの、

楽曲は親しみやすいメロディを持ったJ−POPよりの作品が多いのが特長であり、

ほとんどの曲が人生の応援歌になっているため、

音楽性だけではなく、詩の世界観でも多くのファンから支持を得ている。


また、発表するシングル作品ごとにイメージに合う有名人を起用し、

ジャケット写真はその有名人のドアップという演出をデビュー以来続けており、

PVはその有名人を主人公とした物語構成になっているのも大きな特長。

特にPVのストーリーの完成度が非常に高いことでも話題を呼んでおり、

PVに感動してファンモンのファンになった人も多いとのこと。


これまでに起用された主な有名人に「そのまんま東/政治家・元お笑い芸人」

「山田花子/お笑い芸人」「ペナルティ/お笑いコンビ」「中嶋朋子/女優・エッセイスト」

「脇知弘/俳優・タレント」「戸田恵梨香/女優・タレント」「石田卓也/俳優」

船越英一郎/俳優」「北乃きい/女優」「杉本彩/女優・タレント」「徳井義実/お笑い芸人」

「羽鳥慎一/アナウンサー」「中山雅史/サッカー選手」「浅利陽介/俳優」

「蒼井優/女優・モデル」「佐藤隆太/俳優・タレント」「はんにゃ/お笑いコンビ」

「貫地谷しほり/女優」「富田靖子/女優」「成海璃子/女優・モデル」

「田中将大/プロ野球選手」など。

(参考文献:ウィキペディア、地球のアリア)


■ FUNKY MONKEY BABYSの名言集


抑えきれないこの気持ちを

希望と呼ぶなら

いったい 誰が止められると言うのだろう

(「あとひとつ」)




目をそらしてきた 自分の弱さと

向かい合うことでしか

つかめない未来がある

(「涙」)




簡単じゃないからこそ

夢はこんなに輝くんだ

(「あとひとつ」)




あなたと歩いてゆく未来なら

悲しみも苦しみも受け止めよう

(「大切」)




人知れず 世の中へ ファイティングポーズ

男は涙をこらえながら 大切な人を守るもんさ

その背中で 愛を背負って 今日も行く

(「ヒーロー」)




隠した涙の数だけ

負けない強い勇気が生まれる

(「旅立ち」)




自分の夢を塞ぎこむな 心配ないって大丈夫さ

分かりあえる仲間がいると 乗り越えられるはずなんだきっと

大切なものはMY SOUL 君が笑顔なら最高級

(「ALWAYS」)




俺たちはまだちっぽけで 手のひらの中には

この手のひらの中には 何もないけど

雨に打たれ 風に吹かれ

でも諦めないから でも諦めたくないから

きっといつか何かを掴むんだ

(「ちっぽけな勇気」)




どこに当たって転んでも

間違いだらけじゃないだろう

歩くその先に 新しい道が開けるんだ

(「旅立ち」)




ただ君を幸せにする事が

今の僕の全て

(「桜」)




昨晩の疲れとアルコールがまだ残った午前6時

暗いニュース 野菜ジュースで流し込み朝から全力疾走

きっと今日も七転八倒 でも鳴らすな10カウント

家族にとってのヒーローになる為

転んでも立ちあがるんだぜ

(「ヒーロー」)




僕がふいにつまずいて

あなたがそっと差し出した

その掌のぬくもりに

本当の幸せを感じた

(「あとひとつ」)




誰かとぶつかりあうことを

心のどこかで遠ざけた

それは本当の自分を

見せるのが怖いだけだったんだ

(「あとひとつ」)




自分が信じている道をつき進め

たやすくたどりつくゴールで満足して

その場に留まんな

(「そのまんま東へ」)




どんなにカッコ悪くても

泣き虫なら泣き虫らしく

涙の雨をあびるんだ

(「ちっぽけな勇気」)



1 / / 恋愛編


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 江口洋介の名言(映画やドラマで活躍する俳優)
  • 前の名言 → 稲盛和夫(京セラの創業者として知られる実業家)

■ sponsored link