sponsored link


学園黙示録の名言と作品データ

学園黙示録」(Highschool of the Dead)

「学園黙示録」は、『月刊ドラゴンエイジ』2006年9月号より連載が開始された、

原作/小説家「佐藤大輔」、作画/漫画家「佐藤ショウジ」による、

ホラー&ミステリーアクション漫画作品。

2010年にテレビアニメ化。アニメーション制作は「マッドハウス」が担当。


パニック映画に準拠した設定を背景に、

主人公達が次々と降り掛かる危機を生き延びていく物語であり、

生ける屍の脅威に加え、生存者同士の軋轢が更なる緊張を生んでいるのが特長。

また右翼や左翼について言及する描写が存在する他、

キャラクター描写についても個性を強調したアクの強い設定が目立っている作品。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 学園黙示録の名言集


人間て見たくないものは、見ないでいようとするんです。

誰も自分を否定されたくない。

だから、ほとんどの人は、

何かが起こっているとわかっていても何もしないんです。


一番最初に出てくる反応は、現状を元に戻そうとします。

どんなことでも、時にはうまくいかないことが、

最初からわかっていてさえ。なぜかって言えば…、


変化を認めなければ、

自分の過ちや愚かさを認めないで済むから。

(by 平野コータ高城沙耶




■ 地球の名言