sponsored link


五島慶太の名言と人物データ

五島 慶太(ごとう けいた)」(1882〜1959)

「五島慶太」は、東京急行電鉄(東急電鉄)の事実上の創業者として知られる、

長野県出身の実業家

鉄道事業で優れた経営を行い、阪急電鉄の小林一三と並び、

「西の小林・東の五島」と称されてた人物。


東映の再建や伊豆半島や北海道の開発、

田園調布を発端にした多摩田園都市の開発など、

その壮大な事業構想で企業家として高く評価されている。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

1 /



ものごとはすべて大きく考えること。

おじけづいていては成功しない。




人の成功と失敗のわかれめは、第一に健康である。

次には熱と誠である。

体力があって熱と誠があればかならず成功する。




俺はその日のことはその日のうちに忘れる主義だ。

その日に決断のつかない事を思い悩んで明日まで持ち越すようだと、

明日の戦争は負けだ。


一日の苦労を忘れるには、坊主とか芸者とバカ話をして、

ぐっすり寝るに限る。

翌朝に頭が爽快で、また新しい構想が浮かんでくる。




人間はときどき、

努めて頭を空っぽにしなければだめだ。




知と行だけではダメである。

誰にも負けないという信念が必要だ。



1 /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。