sponsored link


行徳哲男の名言と人物データ

行徳 哲男(ぎょうとく てつお)」(1933〜)

「行徳哲男」は、日本BE研究所の設立者&作家

米国流の行動科学・感受性訓練と、日本の禅や経営哲学を融合させた、

「BE訓練」の開発者としても知られる人物。


主な著書に「健体康心 食と心が運命を決める(共著)」「感奮語録」

「遺伝子は語る 眠っているDNAを目覚めさせる生き方・考え方とは?(共著)」

「随処に主となる 自分の人生を自分が主人公として生きる」などがある。

(出典:楽天ブックス&日本経営合理化協会AV局)

著書一覧(提供:楽天)を見る→

1 / /



真剣と深刻は違う。

悲劇の主人公のような生き方は、真剣とは言わない。

真剣というのは、もっと軽いものである。

真剣になればなるほど軽くなれる。


『軽さ』の頭に「あ」をつければ、「明るさ」になる。

真剣な人は「明るい人」である。


眉間に皺を寄せて深刻に生きている人は、

実は一番真剣に生きていないのではないか。




獣には時の観念がない。

獣には「昨日はよかった」も「明日はなんとかなるだろう」もない。

獣にあるのは「今」と「ここ」だけだ。


だから、迷わない。

不安もない。




現代人はもっと忘れる訓練をするべきではないか。

こだわりや引っかかりを捨て去り、

昨日を忘れ、明日のことは思わない。


「今」と「ここ」に徹することによってのみ、

生は鮮やかなものになる。




知や理が感性を圧倒すれば危険である。

創造(感性)の欠けた分析ほど、

危険なものはない。




我々現代人は、普段考え過ぎています。

しかし、考えて解決する問題は、

実は皆無なのです。


考えるから、捕われる、

迷う、行動しない。



1 / /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。