sponsored link


葉加瀬太郎の名言と人物データ

葉加瀬 太郎(はかせ たろう)」(1968〜)

「葉加瀬太郎」は、大阪府出身のヴァイオリニストミュージシャン

4歳からヴァイオリンを習い始め、東京藝術大学時代に、

竹下欣伸、斉藤恒芳らとフュージョンバンド「クライズラー&カンパニー」を結成。

解散後の1997年に『watashi』でソロデビュー。

ジャズやボサノヴァ、ラテン、その他様々な民族音楽を、

クラシックと溶け込ませたような楽曲を奏でる、

作曲家・ヴァイオリニストとして高く評価されており、

1996年には、セリーヌ・ディオンのワールドツアーにも参加。


主なアルバム作品に「EMOTIONISM」「My Favorite Songs」「The Best Track」

「クラシカル チューニング」「Time has come」「スウィート・メロディーズ」

「ザ・ベスト・オブ・モーツァルト」「交響詩「希望」 Symphonic Poem “Hope"」

「VIOLINISM with Love」「What a Day...」「Migration」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 葉加瀬太郎の名言集


一つのことに人生をかけるって、

本当に美しい。




4歳からずっとバイオリン最優先で、

人生を送ってきたわけだから、

バイオリン一本の人生でいいじゃないかと、

ようやく腹をくくった。




いつも音楽に救われながら、ここまで生きてきた気がします。

人間はいつか必ず死ぬ時が来るでしょう。

その恐怖は常にあって、時折「何のために生きているのか」と悩み、

投げやりになりそうにもなる。

でも、ちょっと待てよと。


僕は生きている間にこんなにも楽しいことができているんだから、

それでいいじゃないかって。

僕にそう思わせてくれるのがまさに音楽です。




なぜピカソがあのような絵を描いたか。

それは理屈じゃないですよね。

「ピカソが」を「3歳の子どもが」に置き換えてもいい。


なぜ3歳の子どもが踊る? 何で歌う? なぜ絵を描く?

それはもう理屈ではなく、

一番楽しいことだからですよね。




■ 地球の名言