sponsored link




ハナレグミの名言と人物データ

ハナレグミ

「ハナレグミ」は、SUPER BUTTER DOGのボーカルとして活躍した、

「永積タカシ(ながづみ たかし)によるソロユニット

高校2年の頃にアコースティック・ギターでの弾き語りをはじめたと語っており、

専門学校「東京ミュージック&メディアアーツ尚美」の卒業生。

独特の世界観を持つアーティストとして知られている人物。


太田裕美や湯川潮音、bird、小泉今日子など、他のアーティストの楽曲提供をはじめ、

THE HELLO WORKS、アルファ、SAKEROCK、東京スカパラダイスオーケストラ、クラムボン、

Nathalie Wise、半野喜弘、ASA-CHANG&巡礼、高野寛、akakage、有里知花、

冨田ラボ、野宮真貴、ピチカート・ファイヴなど、

数々のアーティストとコラボ作品を発表している。


発表アルバム作品に、1st「音タイム」、2nd「日々のあわ」、

3nd「帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。」

ベスト「hana-uta」、4th「あいのわ」などがある。

(参考文献:ウィキペディア、地球のアリア)


■ ハナレグミの名言集


どこまでやれるかなんて

無限に浮かぶままの回答

きたるべき日々を

余すことなく 見据えたいんだ

(「ハンキーパンキー」)




いつだって その輝きに

真っすぐに 熱くなれたら

なんにだって なれるぜ

どこへだって 行けるんだぜ

(「光と影」)




変わることをこばむのでなく

変われたことをほめたいんだ

傷を嘆くよりも

出逢えたことを歌いたいんだ

(「ハンキーパンキー」)




サヨナラから はじまることが

たくさん あるんだよ

(「サヨナラCOLOR」)


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link