「橋本 保雄」

(はしもと やすお / 1931年 - )

橋本保雄
著書一覧

<橋本保雄のプロフィール>
「橋本保雄」は、北海道函館市出身の実業家作家・元ホテルマン。東北学院大学経済学部を卒業後、東京YMCA国際ホテル専門学校を経て、「山の上ホテル」(東京神田駿河台)に入社。1960年に開業前であった「ホテルオークラ」に移り、宴会サービス課長、料飲部長、マーケティング部長、専務取締役等を経て、1995年に取締役副社長に就任(後に顧問となる)。ホテル業界のリーダー的存在としてNPO日本ホスピタリティ推進協会理事長や(社)日本ホテル・レストランサービス技能協会会長など多数の要職を務めるかたわら、函館大学客員教授や他大学での指導活動、官庁・各業界などでの講演活動も行っている人物。主な著書(共著含む)に「「できると言われる」ビジネスマナ-の基本 マンガ版」「感・混・創・才のサービスの真髄 この道一筋35年・トップホテルマンが明かす」「3時間でココに気づけば一流のサ-ビスが身につく本 ホテルオ-クラ橋本保雄が教えるヒント」「実践「サービス学」入門」「ホテルオ-クラ「橋本流」クレ-ム対応術 お客様の心をつかむ50のマニュアル」「ホテルオ-クラ(橋本流)接客術 人を魅きつける8つの力」「感動を与えるサ-ビスの神髄 ホテルオ-クラを築いた人間の経営学」「目くばり心くばり気ばたらき 接客の極意」「人脈の極意 「ホテルオ-クラ」接客のプロが教える“人づきあい”」「人間関係にも切り札がある 「ホテルオ-クラ」人の心をつかむ感性・80の磨き方」「ホテルオ-クラ〈橋本流〉大人のマナ- 「感性」と「知恵」で器量を上げる37の方法」「「人の心をつかむ人」8つの共通項 狙った相手を魅了する“感性”の磨き方」「相手の「心」をつかむ名刺のキホン 情報を伝え、人的ネットワ-クを創る最強のツ-ルを使いこなすコツ」「感動を創るホスピタリティ」「喜ばれる「もてなし」の秘訣 お客様満足の極意」「100人のお客さまには100通りのサ-ビスがある」「共感を創る。 ヒュ-マン・ステ-ジを演出する「サ-ビス学」」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



橋本保雄の名言一覧


やるべきことをやらなければ、

明日はこない。




サービスに

限界はない。




ミスに学んだら、

行動を起こさなければ意味はない。




流されていたら、

本物は見えてこない。




挨拶を軽んじては

人間関係は築けない。




人生や仕事の上に、

愛と感謝の気持ちで働く人間には、

必ず幸せが待っている。


45年のホテルサービス業の中から

哲学的に身に染みた真髄である。




本当にその道に長けている人には、

必ず素晴らしい仲間がいます。


そういう人は、

人望だとか品格だとか言う前に、

まずいい顔をしていますね。


非常に平凡な言い方だけど、

やっぱりいい顔をして

好感度を発揮している人は、

みんなに助けられます。


もちろんいい顔というのは、

外面的な格好のよさではなく、

その人の内面がにじみ出ているような顔ですね。


好感度を発揮していない人はダメです。

だから、自分の可処分時間の中で

一日わずか十秒でいい。


自分の顔を鏡に映して、

きょうはどういう顔をしようかと

訓練したらいいんです。


それを毎日積み重ねている人は、

やっぱりいい顔をしています。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ウェストミンスター寺院の墓石の名言
ウェストミンスター寺院の主教の墓石に刻まれている言葉
前の名言:中島 薫(なかじま かおる)
実業家・自己啓発作家・作曲家

sponsored link