sponsored link


服部英彦の名言

服部 英彦(はっとり えいげん)」(1961〜)

日本データビジョン株式会社専務取締役、神戸女学院大学非常勤講師

1000社を超える企業の人材育成・組織開発・人材採用の、

コンサルティングに携わった人物。

ビジネスや自己啓発に関する著書も多い。

(出典:「BOOK」データベース)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



今をおいていつがある。

ここをおいてどこがある。

自分をおいて誰がやる。




結果がどうであれ、これから何年か経ったとき、

自分の子供に胸を張って「お父ちゃんは前を向いて闘ったぞ!」

と言えるバックドロップを決めようではないか。




一通りやっておく。

でなければ一番を極める。




昨日の延長で、

今日と明日の仕事を続けない。




「好き」を仕事にすれば、

どんなことでも耐えられる。




三十代で魂が震えるような、

仕事をする。




心には夢を、

手には職を。




今の恥より将来の進歩・発展。

人生の大きなソロバンを弾け。




やり過ぎて自滅するな。

流されて同化するな。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。