sponsored link




林望の名言とプロフィール

林 望(はやし のぞむ)」(1949〜)

「林望」は、東京都出身の作家エッセイスト小説家文学者

1984年から1987年にかけて、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学での、

研究のためイギリスに滞在し、ピーター・コーニツキ(ケンブリッジ大学)との共著で、

「ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録」を完成させる。

同書で1992年度国際交流基金国際交流奨励賞を受賞。

その後、東横学園女子短期大学の助教授を務めながら、

イギリスの食文化について書かれた「イギリスはおいしい」で作家デビュー。

東京藝術大学の助教授などを歴任した後、

創作活動に専念するため、大学を退職。


主な著書に「時間の作法」「薩摩スチューデント、西へ」「古典文学の秘密」

「夕顔の恋 最高の女のひみつ」「節約の王道」「帰宅の時代」

「リンボウ先生の〈超〉低脂肪なる生活」「教養脳を磨く!」

「どこへも行かない旅」「リンボウ先生のうふふ枕草子」「かくもみごとな日本人」

「能よ古典よ!」「風邪はひかぬにこしたことはない」「文章の品格」

「新個人主義のすすめ」「ついこの間あった昔」「東京坊ちゃん」

「日本語は死にかかっている」「旬菜膳語」「インテリジェンス・トレーニング」など多数。

(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 林望の名言集


報われないのは、

将来において大きく結実するための助走が、

それだけ長いんだと思っておくのがよい。


sponsored link




■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link