「ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells)」(1866-1946)


作品一覧

「ハーバート・ジョージ・ウェルズ(H・G・ウェルズ)」は、イギリス・ケント州出身の小説家作家。 フランスの小説家「ジュール・ヴェルヌ」とともに「SFの父」と称される人物。 サウス・ケンジントンの科学師範学校に入学し、トマス・ヘンリー・ハクスリーの下で生物学を学び、教員をめざしていたものの、 教育界の保守的な体質と自身の病気が原因で文筆活動へ進む。「ベル・メル・ガゼット」や「ネイチャー」に寄稿をはじめ、 1890年代から1900年代初頭にかけて科学知識に裏打ちされた空想小説を数多く発表し、ウェルズは自身の作品を「科学ロマンス」と称している。 この頃に発表された作品は、現在でも人気のあるものが多く、特に「タイム・マシン」「モロー博士の島」「透明人間」「宇宙戦争」などが有名。 また、国際連盟樹立の提唱や母性保護基金、糖尿病患者協会、新百科全書、人権宣言などの社会活動で知られている人物でもあり、 アメリカ大統領の「ウッドロウ・ウィルソン」「フランクリン・ルーズベルト」、ソビエト連邦の指導者「ウラジーミル・レーニン」「ヨシフ・スターリン」など著名政治家たちとの会見も数多く行っている。 日本国憲法の原案作成にも大きな影響を与えたとされており、特に日本国憲法9条の平和主義と戦力の不保持にウェルズの人権思想が色濃く反映されている。 その他の主な作品に「クローケー・プレーヤー」「世界はこうなる」「ウィリアム・クリソルド氏の世界」「神のような人々」「崇高な探究」「アイザック・ハーマン卿の妻」「解放された世界」「情熱的な友人たち」「結婚」「ニュー・マキャベリ」「ポーリー氏の生涯」「トーノ・バンゲイ」「アン・ヴェロニカの冒険」「彗星の時代」「近代のユートピア」「海の貴婦人」「月世界最初の人間」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



ハーバート・ジョージ・ウェルズの名言一覧


時計やカレンダーに目をくらまされ、

人生の一瞬一瞬が、

奇跡であることを忘れてはならない。




愛する気持ちを、

憎しみや怒りよりも強く保ちなさい。


そして、妥協する知恵を学びなさい。

少しぐらい譲歩したほうが、

すべてを失うよりはずっといいのですから。




昨日倒れたのなら、

今日立ち上がればいい。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ペルシアのことわざ
「イラン・イスラム共和国」(通称イラン) の古名
前の名言:ウィリアム・ジェームズ
アメリカを代表する哲学者&心理学者

sponsored link