「日垣 隆(ひがき たかし)」(1958-)


著書一覧

「日垣隆」は、長野県出身の作家、ノンフィクションライター。東北大学の法学部を卒業後、書店員やトラック配送員、編集者など様々な職業を経て1987年に独立。 以後は作家や取材活動に専念。攻撃的な評論で知られる人物であり、従来の左右対立図式には当てはまらない立場を取ることでも知られている。主な著書に「電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。」「こう考えれば、うまくいく。 心もリッチになる働き方」「楽しく稼ぐ本」「手作り弁当を食べてる場合ですよ 格差社会を生き抜く処方箋」「ダダ漏れ民主主義 メディア強者になる!」「知的ストレッチ入門 すいすい読める書けるアイデアが出る」「ラクをしないと成果は出ない 仕事の鉄則100」「戦場取材では食えなかったけれど」「折れそうな心の鍛え方」「怒りは正しく晴らすと疲れるけれど」「秘密とウソと報道」「勝間和代現象を読み解く」「裁判官に気をつけろ!」 「「無駄な抵抗はよせ」はよせ」「いい加減にしろよ(笑)」「世界一利益に直結する「ウラ」経営学」「定説だってウソだらけ」「部下の仕事はなぜ遅いのか」「通販な生活 一生を1ギガで終えないための買い物学」「学校がアホらしいキミへ」「方向音痴の研究」「個人的な愛国心」「頭は必ず良くなる」「すぐに稼げる文章術」「天才のヒラメキを見つけた!」「父親のすすめ」「刺さる言葉 目からウロコの人生論」「どっからでもかかって来い! 売文生活日記」「急がば疑え!」「使えるレファ本150選」「現代日本の問題集」「日本につける薬」「情報系これがニュ-スだ」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



日垣隆の名言一覧


「何かを残していきたい」あるいは、

「これだけはやっておきたい」というものを、

やるかやらないか。


人の価値は、

そこにあるのではないでしょうか。




「つまらない」と思ったら、

できるだけ早く撤退する。




ラクをして成果を上げるのが、

基本中の基本。




ゴールを必ずイメージしてから、

仕事に取りかかること。




波乱万丈な人生だから、

ドラマになる。




出された問題は全てその場で、

解決の方向と、

「いつまでに」を明確にする。




忙しくて優秀な人ほど、

「その場で解決する」クセがついている。




「今の仕事は30年たっても

やっている仕事かどうか」を自問し、

そうでなければ続かないと、

見切ったほうがいいでしょう。


他の誰でもない、

自分にしかできないと思える

好きな仕事に就くべきです。




「たとえ、上手くいかないことがあっても

誰かのせいにしない」

成果を出し、成功する人はみな、

このセオリーを熟知しています。


失敗の原因を探すとき、

自分を除外してはならない。




死以外の悲劇は、

10年後に必ず人生の肥やしになる。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ハリール・ジブラーン(カリール・ジブラン)
レバノン出身の詩人、画家、彫刻家
前の名言:松崎 俊道
5月4日:経営者、経営コンサルタント、自己啓発作家。

sponsored link