「平山 郁夫」

(ひらやま いくお / 1930年6月15日 - 2009年12月2日)

平山郁夫
書籍一覧

<平山郁夫のプロフィール>
「平山郁夫」は、広島県出身の日本画家教育家。現代日本画壇の最高峰に位置する画家として広く知られる人物であり、日本国内だけで活動する画家の中では作品価格が飛びぬけて高いことでも有名。日本美術院理事長、一ツ橋綜合財団理事、第6代・第8代東京藝術大学学長、日本育英会会長などを歴任し、1998年に文化勲章を受章。また、ユネスコ親善大使や世界平和アピール七人委員会委員、日中友好協会会長、日韓友情年日本側実行委員長など社会的な活動でも知られている。

主な著書に「ぶれない」。主な作品に「仏教伝来(1959)」「入涅槃幻想(1961)」「大唐西域壁画(2000)」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



平山郁夫の名言一覧


理屈には限界があって、

その範囲でしか力が出せないんですね。


絵もそうです。

知識で描くと個性的な主張ができなくなります。




才能とは、

持続すること。




自分に打ち込めるものがあるうちは、

まだまだ青春期。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:マルクス・アウレリウス
第16代ローマ帝国皇帝。五賢帝の最後の1人
前の名言:プブリウス・シルス
古代ローマの喜劇作家

sponsored link