sponsored link




ひし美ゆり子の名言と人物データ

ひし美 ゆり子(ひしみ ゆりこ)」(1947〜)

「ひし美ゆり子」は、東京都出身の女優。東宝俳優養成所出身。

「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役として広くしられるようになった人物であり、

その後も、数多くの映画やドラマで活躍。

1997年には自伝「セブンセブンセブン わたしの恋人ウルトラセブン」を発表し、

ウルトラセブンファンを中心に大きな反響を呼んだ。


主な出演映画作品に「スカイ・クロラ The Sky Crawlers(2008年)」

「大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)」「真・女立喰師列伝(2007年)」

「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟(2006年)」「シルバー假面(2006年)」

「ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影(1997年)」「野獣死すべし(1997年)」

「四畳半色の濡衣(1983年)」「海潮音(1980年)」「黄金の犬(1979年)」

「昭和枯れすすき(1975年)」「新仁義なき戦い 組長の首(1975年)」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

ひし美ゆり子

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ ひし美ゆり子の名言集


こだわりがないのが、私のこだわり。

片意地張らずに自然体でずっと生きてきました。




(「ウルトラマンセブン」を振り返って)

子供番組というより、SFで大人っぽかった。

ゴミ問題や戦争といったテーマは、40年たってもいまだに通用します。

ということは、人間って40年前と変わらずバカなことを続けているのね。

「セブン」はそんなことも教えてくれます。




(「団塊の世代」について)

何やるにも、

競争、競争という世代でしたね。




人間、正直にしている方が楽。

ウソというか、秘密に包まれている人の方が、

俳優としては魅力的なのかもしれませんけれど。

私はもう、何でもあけっぴろげです。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → くるり(独特の世界観を持つオルタナティブ・ロックバンド)
  • 前の名言 → ハナレグミ(「永積タカシ」によるソロユニット)

■ sponsored link