sponsored link


ひとひらの名言と作品データ

ひとひら」(Hitohira)

「ひとひら」は、漫画雑誌『COMIC HIGH』(双葉社)において2004年から連載が開始された、

「桐原いづみ」による演劇漫画作品。

2007年にアニメ化。アニメーション制作は「XEBEC M2」が担当。


主人公の「麻井麦」は、一ノ瀬野乃の強引な勧誘により演劇研究会に入ってしまった。

窮屈な部室で活動している演劇研究会は演劇部と対立しており、

互いの存続を賭けて演劇公演での対決を控えていた。

極度のあがり症から何度と無く挫折しそうになるが先輩たちや、

中学以来の親友である遠山佳代、高校で親しくなった神奈ちとせや、

西田甲斐らの支えもあって、

麦は大きな成長を遂げていく。

裏方を希望するも、「違う自分になる」という演劇の楽しさに触れ、

役者として活動していく物語。


『COMIC HIGH』の休刊に伴い一時的に連載を中断していたものの、

同誌が『コミックハイ!』として復刊してから連載を再開し、

2009年5月発行の6月号(VOL.50)まで約5年に渡って連載された。

作品は完結はしており単行本が全7巻で発売されているものの、

外伝シリーズの『ひとひらアンコール』や、

『ひとひら』の登場人物のその後を描いた作品、

『榊美麗のためなら僕は…ッ!!』などの続編シリーズが発表されている。

(出典:ウィキペディア)

漫画作品 / DVD作品 / 音楽作品


■ ひとひらの名言集


演劇ってね、

自分じゃない自分になれて、

楽しいわよ。

(by 一ノ瀬 野乃




人間やれば出来るなんて嘘。

ダメなものは、ダメなのよ。

(by 西田 理咲




間違っていても構わない。

私の人生だもの。

私が選ぶわ。

(by 一ノ瀬 野乃




たくさんの努力と、

たくさんの支えと共に、

今、この場所にいる。

(by 榊 美麗




精一杯やったという事実さえあれば、

辛かった思い出も、

全て楽しい思い出に変わるのよ。

(by 一ノ瀬 野乃




行動するかしないかだったら、

私はする方を選ぶよ。

何もしないままの後悔だけはしたくないもんね。

(by 神奈ちとせ




神頼みも必要よ。

考えてもどうにもならない時にはね。

(by 一ノ瀬 野乃




何気ない一瞬一瞬が、

大事なのよ。

(by 遠山 佳代




涙で今は何も見えないでしょうけど、

去っていく人は泣くことも出来ないのよ。

背中しか見せないの。

(by 一ノ瀬 野乃




■ 地球の名言