sponsored link


ハチミツとクローバーの名言

ハチミツとクローバー」(Honey and Clover)

「ハチミツとクローバー」は、「羽海野チカ」による少女漫画作品。

『CUTiE Comic』(宝島社)2000年6月号から連載開始。

その後、『ヤングユー』への移行を経て、『コーラス』へ移行。

2006年7月28日発売号に掲載のChapter.64において最終回を迎えた。

2003年第27回講談社漫画賞受賞作品。

「このマンガがすごい!」(宝島社)オンナ編の2006年版と2007年版において、

2年連続1位を獲得し話題となった作品でもある。


美術大学を舞台に、いわゆる「青春群像劇」を、

ハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じてとらえていく。

恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、

自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた作品。

2005年にアニメ化。2006年に実写映画化。2008年にTVドラマ化。

(出典:ウィキペディア)

原作コミック一覧(提供:楽天)を見る→



努力するかあきらめるか、どっちかしかない。

人間に選べるなんて、

いつだってこの2つしかないんだ。


(by 花本修司




気付いたんだ、なぜ迷うか。

地図が無いからじゃない。

おれに無いのは、目的地なんだ。


(by 竹本祐太




答えが出ん時は、黙って手を動かすのが一番じゃ。

家で頭を抱えても、誰かに答えを訊ねても、

わからんときには、わからんもんじゃ。


じゃが不思議なもんで、一心不乱に手を動かし続ければ、

出来あがった100枚目の皿の上に、

答えが乗ってることもある。


(by 陶芸科の先生




神様、やりたいことがあって泣くのと、

見つからないで泣くのでは、

どっちが苦しいですか?


(by 竹本祐太




今、僕の持っている言葉を総動員しても、

彼女の涙を止められない。


(by 竹本祐太




叫んでみて、ようやくわかった。

僕はずっと怖かったんだ。

未来が見えないことが、

何をしたいか分からないことが、分からないでいる自分が。

そして、それでも容赦なく流れていく日々が、

僕は怖かったんだ。


(by 竹本祐太




大事なのは、どんな道を選んだとしても、

それを言い訳にしないことだ。


(by 花本修司




気が済むまで、とことん走ってこい。

答えなんざ、どうでもいい。

はなっから、そんなものはねぇんだ。


自分で本当に気の済むまで、

やってみたかどうかしかねぇんだよ。


(by 修復士の棟梁




不思議だ。こんな遠い地の果てでも、

自分の足を交互に踏み出すだけで、

辿りつけるなんて。


(by 竹本祐太




人から見たら、どんなに情けなくても、

みっともなくても、

彼を思うこの気持が、そのたったひとつが、

冷たくて明るい、私の宝物だった。


(by 山田あゆみ




努力だけでは、どうにもならないかもしれん。

しかし、努力をしなければ、確実にこのまま失うんだ。


(by 花本修司




何かを残さなきゃ生きてる意味がないなんて、

そんなバカな話があるもんか。


生きてくれればいい。

一緒にいられればいい。

俺はもうそれだけでいいんだ。


(by 森田忍




どっちが大事だとか、どれが正しいとかじゃないんだ。

もちろん、打算なんかでもない。

悩むより前に本能がジャッチを下してるんだよ。


(by 真山巧




逃げないで、一緒にあがこう。

逃げ出すのは、一瞬で出来るから。


(by 花本はぐみ




「ずっと見てるね」って言われたら、

もう頑張るしかないじゃん。


(by 森田忍




ありったけのしあわせを…。

…あなたに。


(by 花本はぐみ





■ ハチミツとクローバー リンク集

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。