sponsored link


北条民雄の名言

北条 民雄(ほうじょう たみお)」(1914〜1937)

ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、

自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した小説家

1936年に『いのちの初夜』で第2回文學界賞を受賞。

その他の代表作に『癩家族』『癩院受胎』などの作品がある。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



私はあきらめを敵とする。

私の日々の努力は、

実にこのあきらめと戦うことである。




人生にはきっと、

抜け路がある。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。