sponsored link




深代惇郎の名言とプロフィール

深代 惇郎(ふかしろ じゅんろう)」(1929〜)

「深代惇郎」は、東京出身の新聞記者

東京大学の法学部を卒業後、朝日新聞社に入社。

論説委員やヨーロッパ総局長を経て、「天声人語」の執筆担当者となり、

1973年2月から1975年11月にかけて同コーナーを担当。

日本のマスコミ史上、最高の知性派の一人と称され、活躍が期待されたものの、

46歳の時に急性骨髄性白血病でこの世を去っている。


主な著書に「記者ふたり世界の街角から」「深代惇郎の天声人語」

「深代惇郎の青春日記」「深代惇郎エッセイ集」などがある。

(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

書籍一覧(提供:楽天)を見る→


■ 深代惇郎の名言集


「雪が溶けたら何になる?」

と小学校の先生が子供たちに聞いた。


ほとんどの子供どもたちは、

「水になる」と答えた。


しかし、たった一人だけ、

「春になる」と答えた子がいた。




永続きするのが問題ではない。

これは一つの世智だ。

それは燃える事にのみ意義がある。


sponsored link




■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link