「二代目 市川笑也」

(にだいめ いちかわ えみや / 1959年4月14日 - )

市川笑也
書籍一覧

<市川笑也のプロフィール>
「市川笑也(2代目)」は、青森県八戸市出身の歌舞伎役者。本名は「泉山 太男(いずみやま たかお)」。歌舞伎とは縁のない一般家庭の生まれであり、八戸工業大学付属第一高等学校卒業後の1978年に国立劇場歌舞伎俳優養成所に入学。翌年に三代目市川猿之助の門下となり、二代目市川笑也を襲名。1986年にスーパー歌舞伎第一作『ヤマトタケル』のみやず姫に抜擢され、この配役は門閥外で名題下の役者としては異例の抜擢として注目を集める。同作以後は、スーパー歌舞伎をはじめ猿之助歌舞伎の全般にわたってヒロイン役に次々と抜擢されるようになり、若き日の坂東玉三郎を彷彿とさせる美貌でも人気を集め、猿之助一座の花形の一人として広く知られるようになる。1998年に歌舞伎座『義経千本桜』「鳥居前」の静御前で名題昇進。また舞台だけではなく、TVドラマやTVCMなどにも出演している。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



市川笑也(2代目)の名言一覧


続けるということが

意外に簡単そうで、

実は難しいことなんだな。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:内村 鑑三(うちむら かんぞう)
キリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者
前の名言:内野 聖陽(うちの まさあき)
映画やドラマ、舞台で活躍する俳優

sponsored link