「飯野 賢治」

(いいの けんじ / 1970年5月5日 - )

飯野賢治
著書一覧

<飯野賢治のプロフィール>
「飯野賢治」は、東京都荒川区出身のゲームクリエイター&株式会社フロムイエロートゥオレンジ代表取締役社長。1988年にゲーム制作会社「有限会社インターリンク」に入社。翌年にゲームの下請け会社「EIM」を設立し、並行してゲーム専門学校の講師も務める。1994年に「株式会社ワープ」を設立。1995年に自身が脚本を務めた3DO専用ゲームソフト「Dの食卓」が全世界累計売上100万本超えを記録する大ヒットとなり、「マルチメディアグランプリ'95 通産大臣賞」を受賞。1997年には画面表示が一切無い、音だけでプレイするゲーム『リアルサウンド〜風のリグレット〜』を発表し注目を集める。ゲームデザイナーの代表として積極的にマスコミにも露出し、ラジオ番組のレギュラーを持つなど当時を代表するゲームデザイナーとして広く知られるようになる。2000年にスーパーワープ社(後のフロムイエロートゥオレンジ)を設立し、代表取締役社長に就任。2003年には、文芸誌「ファウスト」(講談社)創刊号にて小説家デビューも果たしている。主な著書(共著含む)に「息子へ。」「飯野賢治対談集」「WARP」「ス-パ-ヒットゲ-ム学」「ゲ-ム Super 27 years life」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



飯野賢治の名言一覧


新しいことがやりたくなったら、

それをやればいい。




作る人っすごいんですよ。

言うだけなら誰でもできるんです。




嫌いなものって、なんで嫌いなのか、

理由があるはずなんです。


しかも嫌いになるくらいだから、

それにはすごいパワーがあるんです。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:林原 めぐみ(はやしばら-)
第3次声優ブームを代表する女性声優・歌手・ナレーター・作詞家・ラジオパーソナリティ・エッセイスト
前の名言:仲畑 貴志(なかはた たかし)
コピーライターブームの立役者の一人

sponsored link