「池澤 夏樹」

(いけざわ なつき / 1945年7月7日 - )

池澤夏樹
著書一覧

<池澤夏樹のプロフィール>
「池澤夏樹」は、 2007年に紫綬褒章を授与された日本の小説家詩人翻訳家。文明や日本についての考察を基調にした小説や評論を発表している人物で、翻訳家としても、ギリシア現代詩からアメリカ現代小説など幅広く活躍している。代表作に芥川龍之介賞や中央公論新人賞を受賞した「スティル・ライフ」(1987年)、谷崎潤一郎賞を受賞した「マシアス・ギリの失脚」(1993年)、毎日出版文化賞を受賞した「花を運ぶ妹」(2000年)、親鸞賞を受賞した「静かな大地」(2004年)などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



池澤夏樹の名言一覧


この世界がきみのために存在する

と思ってはいけない。


世界はきみを入れる

容器ではない。


世界ときみは、二本の木が並んで立つように、

どちらも寄りかかることなく、

それでもまっすぐに立っている。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:デイヴィッド・ウィルキー
スコットランド出身の風俗画家
前の名言:ジョシュア・レノルズ
ロココ期に活躍したイギリスの肖像画家

sponsored link