「井上 雄彦」

(いのうえ たけひこ / 1967年1月12日 - )

井上雄彦
著書・書籍一覧

<井上雄彦のプロフィール>
「井上雄彦」は、鹿児島県出身の漫画家。本名は「成合 雄彦」(なりあい たけひこ)。1988年に「楓パープル」(手塚賞入選作品)で漫画家デビュー。代表作に少年ジャンプの黄金期を支えた作品として知られる『SLAM DUNK』、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞や手塚治虫文化賞マンガ大賞など多くの賞を受賞し累計6000万部を突破した『バガボンド』、車椅子バスケットボールを題材にした『リアル』(1400万部突破)などがある。主にスポーツや闘いを通じて青年の成長を描く作品群で高い評価を得ている人物。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



井上雄彦の名言一覧


いい漫画を描きたかったら、

自分が成長するしかない。




カラスはよく見ると美しく力強い姿形をしていて、

時々見惚れてしまいます。

他の生き物にも言えることですが。




やっぱり読者がいなければ、

マンガは成立しないんです。


自分の内なる衝動みたいなものを

爆発させようと描いているわけでは全くなくて、

読んでくれる人がいるからこそ描いているんです。




レベルは上がることはあっても、

下がることは絶対にありえない。




弱さを経ていない

強さはない。




手に負えない

ことをやる



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ギュスターヴ・ル・ボン
フランスの心理学者・社会学者・物理学者・医師
前の名言:ヘンリー・ジェイムズ
19世紀から20世紀の英米文学を代表する小説家・作家

sponsored link