「石田 純一」

(いしだ じゅんいち / 1954年1月14日 - )

石田純一
著書・作品一覧

<石田純一のプロフィール>
「石田純一」は、東京都出身の俳優タレント。父はNHKの元アナウンサー「石田 武」(いしだ たけし)、姉は音楽家の「石田 桃子」(いしだももこ)。早稲田大学の商学部在学中に、演劇(演出面)を学ぶためにアメリカに渡り、帰国後に演劇集団「円」に研究生として入団。1979年にTVドラマ「あめりか物語」で俳優デビューを果たし、その後、劇団俳優として下積み時代を経たのち、1984年にTVドラマ「夢追い旅行」の準主役に抜擢される。全国的に広く知られるようになったのは、クイズ番組「TVプレイバック」のレギュラー解答者として活躍した頃であり、「抱きしめたい!」(1988年)などのトレンディドラマに多数出演し、トレンディ俳優として高い人気を獲得。また、数多くの女性関係が報道され「芸能界のプレイボーイ」と呼ばれるようになる。特に1996年の「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」という発言が、「不倫は文化」発言としてメディアで取り上げられ、大きな話題となった。その後は、俳優業よりもバラエティ番組などのタレント業に重きを置くようになり、数多くの人気バラエティ番組で活躍している。主な出演ドラマに「不信のとき ウーマン・ウォーズ(2006年)」「笑う三人姉妹(2005年)」「フレーフレー人生!(2001年)」「レガッタ 国際金融戦争(1999年)」「仮面の女(1996年)」「コーチ(1996年)」「透明人間(1996年)」「きのうの敵は今日も敵(1995年)」「ヘルプ!(1995年)」「長男の嫁(1994年)」「大人のキス(1993年)」「ジェラシー(1993年)」「さよならをもう一度(1992年)」「しゃぼん玉(1991年)」「結婚の理想と現実(1990年)」「恋のパラダイス(1990年)」「同・級・生(1989年)」など多数。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



石田純一の名言一覧


楽観っていうのは、

単なる悲観の反対語じゃないんですよ。


楽観というものには、

こう生きようという、

意志や決意があるんです。




三角関係だからカドがたつ。

18股くらいになると、

もうカドがなくなって丸くなっちゃう。

そうすれば争いも起きないんだよね。




とりあえずめげないこと。

悲観は単なる気分にすぎない。

楽観は大いなる意志の産物!




人生とは、

想い出を作る為に、

生きること。




以前の自分にしがみつきたくたって、

はしごは外されている。

だったら、潔くやりたい。




恋愛は完全に確率論、

やらなきゃ何も始まらない。




何度も恋をすること。

もちろん、同じ人とね。




人には二種類いる。

できない理由を探す人と、

できる方法を探す人。




物書きや画家や音楽家は、

モラルに縛られていては良い作品を残せない。


狂気があるからこそ、

人々をハッとさせ、感動させる。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:藤田まこと
「必殺仕置人」や「はぐれ刑事純情派」で有名な俳優
前の名言:クミコ
女性シャンソン歌手

sponsored link