「石田 ゆり子」

(いしだ ゆりこ / 1969年10月3日 - )

石田ゆり子
書籍・作品一覧

<石田ゆり子のプロフィール>
「石田ゆり子」は、愛知県出身の女優エッセイスト実業家。妹は同じく女優の「石田ひかり」。以前は「ボックスコーポレーション」に所属していたものの、妹と共に個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、女優業と並行して社長業も務めている。高校1年生の時にモデルとしてスカウトされ、全日空イメージガールに選出。その後、数多くのドラマや映画に出演。ジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」で声優としても活躍し、1994年に「しあわせの風景」でエッセイスト・デビューも果たしている。主な出演ドラマに「魔女裁判(2009年)」「今週、妻が浮気します(2007年)」「家族 〜妻の不在・夫の存在〜(2006年)」「がんばっていきまっしょい(2005年)」「プライド(2004年)」「Dr.コトー診療所(2003年)」「薔薇の十字架(2002年)」「九龍で会いましょう(2002年)」「できちゃった結婚(2001年)」「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ(2001年)」「オヤジぃ。(2000年)」「永遠の仔(2000年4月)」「静かなるドン(1994年)」「さよならをもう一度(1992年)」「101回目のプロポーズ(1991年)」など多数。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



石田ゆり子の名言一覧


何事も自分の責任として受け止めていますが、

何を演じても100%満足することはないですね。


もし褒めていただいても、

自分では不満があるし失敗もある。


特にうまくいかなかった作品を考えても、

そのままの形で映像に残ってしまっているので、

どうにもならない。


だから、悔やむより、

次をがんばろうといつも思います。




自分は、早く大人にならなければいけない、

いい子でいなくてはならない

という思いが強かったです。


しかも周囲からのイメージで

「お嫁さんにしたい女優」と言われ続け、

自分ではすごく違和感があったんです。


そういうタイプじゃないのに、

何で知らない人から

お嫁さんにしたいと言われるのかと。


私にオファーが来る役も、

育ちのいいお嬢さんの役ばかりで窮屈でした。


でも、かといって奔放な役をできるわけでもないし、

力もないのに仕事に恵まれて、

どうしたらいいのかわからなくて悩みましたね。


実は最初にお話が来た時は一度断ったんです。

30代で何不自由ない人妻が、

家庭はそのままで昔の知人と不倫する。

この人の気持ちが私にはまったくわかりません、と。


そうしたら周囲のスタッフに、

自分と近いか遠いかで

役を選ぶのはよくないと言われたんです。


演じるのが仕事なんだから、

いい役をいただいたら

飛び込んでみるべきだと言われ、

目からウロコが落ちました。


それまでは自分が理解できない役は、

できないものと思い込んでいましたので。




何より主役のつらさを知りました。

作品の頭に名前が出るということは、

ドラマについて言われるいいことも悪いことも、

全て自分で責任を負わなければなりません。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:田中好子
キャンディーズとして活躍した女優・元アイドル歌手
前の名言:平澤興
京都大学の元総長&医学者

sponsored link