「市村 正親」

(いちむら まさちか / 1949年1月28日 - )

市村正親
作品・書籍一覧

<市村正親のプロフィール>
「市村正親」は、埼玉県出身の俳優ナレーター。舞台芸術学院を卒業後、「西村 晃(にしむら こう)」の付き人を3年間務め、1973年に劇団四季「イエス・キリスト=スーパースター」のオーディションに合格、翌年に劇団四季へ正式入団し、その後は劇団四季の看板俳優として活躍。1990年に同劇団を退団し、以後、ミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など様々なフィールドで活躍し「名ミュージカル俳優」と称されている人物。2007年4月には、長年の功績を称えられ「紫綬褒章」を受章。妻は女優の「篠原 涼子(しのはら りょうこ)」。 主な出演テレビドラマ作品に「ATARU」「ヤング ブラック・ジャック」「王様の家」「江〜姫たちの戦国〜」「JIN-仁- 完結編」「ハタチの恋人」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「バンビ〜ノ!」「真夜中のアンデルセン」「オーダーメイド」「砂の器」「HR」「微笑天使」「古畑任三郎」「獅子の時代」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



市村正親の名言一覧


自分の意志で一つのことに打ち込めば、

必ず新しい何かが自分の中に生まれる。




役の仮面を一生懸命生きれば、

仮面が透けて俳優がおのずと見えてくる。




主役をやっているときは余計なことを言うな。

まわりが助けてくれなくなる。




模写って大事でね。

俳優もいい芝居を観てまねていくうちに、

それが自分のものになっていく。




劇団四季で子どもに向けての芝居を数多く経験し、

鍛えられた面もあるね。


子どもの前には名優はいないと言われるくらい、

名優かどうかなんて関係ないから。


こっちが全部のエネルギーを出し切るくらいでないと、

子どもはついてこないからね。




自分で自分を追い込むほど

熱く燃えるものがないと、

芝居もたるんでしまう。




(落ち込むことは)ないですね。

芝居でうまくいかなければ、

落ち込むより前に、

まだまだ稽古が足りないんだと思って稽古するし。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ドラ・トーザン
フランスのエッセイスト&ジャーナリスト&講師
前の名言:浅野忠信
音楽活動も行う映画俳優

sponsored link